【CELINE】ノットピアスの本物と類似品比較してみた

【CELINE】ノットピアスの本物と類似品比較してみた

CELINE(セリーヌ)の名品・ノットシリーズ。ノット(knot)は結び目のこと。セリーヌではこの結び目があるリングやピアス、ネックレス、ブレスレットなどがシリーズに並んでいます。

その中でも特に人気なノットピアスのお値段は、ひとつ6万円強。シンプルなデザインながらハイブランドとはいえ決して手軽な値段ではないため、類似品でいいやと思う人も多いのでしょう。

※ここでいう類似品とは、コピー品やN級品などの偽ブランド品ではなく、あくまでもセリーヌに似た商品で刻印も入っていないものです。

でも私はいろいろ思うことあって、結局CELINEの公式オンラインショップで本家のノットスモールフープピアスを購入しました。

購入に至るまでの思いと、本物CELINEと類似品の違いをまとめてみました。

本家CELINEのノットピアスを買うまで

かくいう私も、当初はシンプルなデザインだし類似品でいいかなと思ったうちの一人です。

まずはAliExpressでゴールドのマットタイプの類似品を購入。本家のキラキラしたゴールドではなくマットなタイプが良いなあと思い購入しました。

……もうこれがめちゃくちゃかわいくて! かなり気に入って使用していました。

時は流れ、気温が上昇して暑くなってきたので今度はシルバーが欲しくなりました。類似品でもこんなにかわいいのだからと思ったものの、本家CELINEが欲しくなりました。

ただ、シルバーが似合わなかったら嫌だなと思い、本家を買う前のつけた感じや雰囲気を確認したくてAliExpressで購入。しかし結構小さめのものが届いてしまい、これはこれで可愛かったのですが、似たサイズのものが欲しくて再び購入。今度は本家より若干大きめのものが届きました。表記サイズは同じだったのに、さすがアリエク。

つけてみると、やっぱりかわいい……! でも、ほんのわずかに小さい方がバランスが良いかも、と思いながらも気に入って付けていました。

しかし、SV925とはいえ数百円のものなのでピアスホールに差し込む部分などの仕上げが微妙。値段を考えたら当然なのですが、つけるたびに穴が傷つきそうだな……とは思っていました。

そうこうしているうちにCELINEから再入荷案内が届き、一度は気づかず逃してしまったものの、ようやく本家を買うことができました。

 

購入したCELINEのノットピアス

類似品も可愛かったですが、細部まで丁寧に作られたCELINEのノットピアスは、それはもう最高に素敵でした。大きさといいバランスといい完璧。買って良かったなあと思っています。

本家CELINEと類似品の違い

CELINEと類似品です。どれが本物かわかりますか?

答えの前に私の考えをひとつ。

見ておわかりのように、類似品でも十分可愛いです。大きさなどは違うものの、つけていたらCELINEなのか類似品なのかはそんなに気にされないと思います。そもそもアリエクでだけでなく、果てしなく類似品が売られています。

CELINEが大好きとかデザインの元祖にお金を落としたいとか、類似品を付けていてもテンションが上がらないとかいう人はCELINEを購入したらいいと思います。

一方で自分に似合うかどうか心配な人、CELINEを買う前にお手軽なノットピアスを試してみたい人、そもそもCELINEでなくてもいい人は類似品で良いと思います。

なお、偽ブランド品を使うのは公序良俗に反するのでNGです。

では答えを。

赤丸で囲ったものがCELINEです。あとはすべてAliExpressで購入した類似品です。

素材の違い

ではここからは本家(CELINE)と類似品の違いをつづっていきます。

まず、素材の違い。類似品はSV925か、素材不明なものです。

本家はSV925にロジウムコーティングが施されています。そしてありがたいことにニッケルフリーです。

シルバーのそれぞれの見た目の違いはほぼありません。ただ、マイクロレンズで見ると細部の違いが浮き彫りに。

真ん中がCELINEです。

細部の違い

ピアスホールに挿し込む部分が結構違います。見た目の違いは、類似品の方が角ばっているかな? 程度です。

左からCELINE、類似品、類似品

マイクロレンズで見ると明らか。一番左のCELINEは表面がつるつるでなめらかですが、類似品は粗さが目立ちます。

可動部の違いも。左がCELINE、右が類似品です。CELINEの方がしっかりしています。

類似品(左)とCELINE(右)

挿し込む部分を受け止めるキャッチ部分。左が類似品で右がCELINEです。

そもそも、CELINEには両方の内側に刻印が入っています。

一番大きな違い

一番大きな違いはノットの巻きの方向です。

左から類似品、CELINE、類似品、類似品

よく見てもらうと、左から2番目のCELINEだけが左右で巻きの向きが違います。

CELINE
類似品

左がCELINE、右が類似品です。CELINEはノットの巻きが相反するように、合わせ鏡のように左右対象になっています。一方で類似品は全く同じ向きに巻いています。

それぞれのサイズ

左から類似品、CELINE、類似品、類似品

CELINEは左から2番目です。類似品シルバー大より少し小さく、小さいものより結構大きいです。当初マットゴールドと同じくらいかなと思ったんですが、少し小さめでした。直径は2.2センチです。

まとめ

というわけで、本家CELINEと類似品のノットピアスを比べてみました。

涼しげでシンプルなのに存在感は抜群。夏に向けてたくさんつけていこうと思います。